オーディションに応募する時


芸能界に入るために、オーディションを受ける、という話をよく聞きます。

芸能界にはオーディションが一番の近道といえます。

埼玉の家族写真の有益情報にあふれているサイトです。

実際受けるときにはどのようなオーディションをうけたらよいのでしょうか。
よく、雑誌などに、随時タレントを募集しています、といったコメントが書かれた広告を目にすることがあります。

小さな事務所のホームページなどにもよく書かれています。
では、随時というとどのような事なのでしょうか。



随時というのは誰でもすぐに事務所に入れます、ということではないです。

いつでも応募が出来る、ということなだけでどなたでも入れるわけではありません。


しかし、いつでも応募できるというのはとても大きなメリットです。

必ず事務所の誰かには見てもらえます。



チャンスがあるということです。しかし、沢山の中から選ばれるわけではないので、応募の書類だけの判断になることが多いです。

東京の写真の分かりやすい情報はこちらです。

書類を見る人の基準になるので、ハードルは高いと思ったほうがよいでしょう。つまり、受かる確率が低くなるということです。

締切もありませんし、いつ連絡が来るとも限りません。



意外に難しいオーディションであるとも言えます。
それに比べ、出演権を獲得するためのオーディションは期間は決まっているので合否がすぐにわかります。


しかし、一番難しいオーディションとも言えます。
一つの役柄に、何人もが応募します。
役の大きさにもよりますが、10人くらいのこともあれば、何百人も受ける規模の物もあります。


基本的には誰でも受けることが出来るので、雑誌の募集の情報を見たり、ホームページを見たり、人からの紹介など様々な方法で応募してきた方が一斉にオーディションを受けるわけです。
経験のない人にはなかなか難しいものといえます。
役を取るのにも、何も努力をしていない人よりも、レッスンを積んだり、何らかの努力をしていた人が受かりやすいのは当たり前のことといえます。実力で勝ち取るために、出来る努力を一生懸命することが大切でしょう。





Copyright (C) 2015 オーディションに応募する時 All Rights Reserved.